ごあいさつ

内藤 幹彦 第25回日本がん分子標的治療学会学術集会
会長 内藤 幹彦
東京大学大学院薬学系研究科
タンパク質分解創薬社会連携講座 特任教授

第25回日本がん分子標的治療学会学術集会は、2021年5月26日(水)〜28日(金)の3日間、東京御茶ノ水駅前のソラシティカンファレンスセンターで開催される予定です。本学術集会に皆さまからのご支援とご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

今回の学術集会では「Knockdown the Targets」をメインテーマとして、タンパク質の選択的分解(Targeted Protein Degradation)と核酸医薬品のシンポジウム等を企画して準備を進めています。分子標的治療薬の開発ではこれまで小分子阻害剤や治療用抗体等の開発が主流となってきましたが、これらの創薬手法では分子標的薬の開発が難しい標的タンパク質も多数存在します。これら所謂Undruggableな標的分子に対して、タンパク質の発現量を制御する技術が新しい分子標的治療薬開発の手法として有望であると期待されています。シンポジウムで取り上げるタンパク質分解と核酸医薬の技術は、がん分子標的治療薬の開発においても今後その重要性を増していくことと思われます。

また本学術集会での新しい試みとして、一連のレギュラトリーサイエンス教育講演を企画しています。医薬品開発においてレギュラトリーサイエンスは重要ですが、医薬品の種類によって考え方が異なります。多岐にわたる医薬品それぞれのレギュラトリーサイエンスに精通した講師の先生方からエッセンスをまとめて講演して頂きます。これらの企画を含め魅力ある学術集会となるよう鋭意準備を進めてまいります。

2019年末に発生した新型コロナウィルス感染症COVID-19の影響で、第24回日本がん分子標的治療学会学術集会は10月に延期され、徳島会場とオンラインを併用しての開催となりました。前回の学術集会からあまり時間が経っていないこともあり、新しい研究成果を発表しにくいと感じていらっしゃる皆様も多いことと思います。またCOVID-19の終息が見通せない現在の状況では、第25回学術集会もソラシティ会場とオンラインを併用しての開催が現実的な対応となりそうです。可能であれば懇親会等を開催して皆様との交流の場を盛り上げていきたいところですが、現状では難しいかもしれません。このように大変厳しい状況ではございますが、会員の皆様には学術集会に積極的にご参加頂き、新しい知識の吸収と最新の研究成果発表の機会として頂ければ幸いでございます。

最後になりましたが、会員の皆様のご健勝と研究の益々のご発展をお祈り申し上げます。
第25回学術集会でお目にかかれますことを楽しみにしています。